ARBAラビットショーについてA
審査は、品種とクラス別に、行われます。

どのようにうさぎを審査するの?
←横の写真のようにショー会場では、
必ずジャッジングテーブルがあります。
(前にあるキャリーのようなケージのような
のが、審査中のうさぎさんの待機場所です。)
そこで、審査が行われます。
そして、品種、クラス別の審査のたびに
うさぎさんを並べていきます。

 

出展者は、審査が始まる時に出展するうさぎさんをジャッジングテーブルへと移動をします。移動が終わった出展者は、見守るのみになります。
←写真は審査中のジャージーウーリーです。

まず最初にジャッジは、DQ(無資格)を探します。
爪の色、目の色、オス、メス、等など規定内であるか
どうかです。全ての規定を充たしていないと残念ですが、
順位が付きません。

最初に書いたように規定内であるかどうかを中心に評価していきます。
1羽1羽、丁寧に体を触って審査していきます。
そして、審査した結果をリマークカードに記載してくれます。(成績表みたいなものですね。)
記載されている内容は、ジャッジが審査をし、順位を発表する際に必ず1羽ずつの審査の内容を話してくれることです。
例えば、頭が良い、耳が良い、もう少し体の幅が欲しいなどです。
←審査終了したアメファジです。
上に白い紙が乗っていますよね。
あれがリマークカードです。
うさぎさんの上に置かれていると
審査終了という合図でもあります。
なので、出展者は速やかにうさぎさんを
引き取りに行かなければなりません。

ARBAラビットショーについてBへ続く
次は、各賞についてです。

82nd ARBA
National Conventionへ
ARBA Show
TOPへ
JDRC
TOPへ
SHOW
目次へ
Home 店舗について 取扱品種 通信販売
ホテル・つめきり・ブラッシングについて ラッビトショー メール会員 お知らせ Link